pet検査オプション料金について

pet検査オプション料金について

ガン細胞と言うのは正常の細胞組織と比較をすると、3倍から8倍のブドウ糖を取り込む性質が有ると言われており、ブドウ糖に似た薬剤でもあるFDGと呼ばれる薬剤を投与し、FDGが多く集まる場所にガン細胞が有る可能性が有ると言われています。
これはpet検査のメカニズムであり、pet検査はPET検査機を利用して、FDGが集まる場所を撮影して、ガンの早期発見を可能にする検査なのです。

人間ドックのオプションとして用意されていたり、pet検査だけを受診する事も可能になっています。

また、pet検査はどのようなガン細胞でも見つけることが出来るのではありませんし、場所によっては見つけ難い事もあり、オプション検査としてMRIやCTスキャンなどを併用する事でガンの早期発見に役立てることが出来るのです。
尚、オプション検査の料金などは病院などの施設により様々ですので、幾つかの施設の料金を比較をして安い所を探すと言った方法で行うのが良いと言われています。

最低限知っておきたいpet検査知識

人間ドックの検査の一つにpet検査が有ります。
この検査は人間ドックのオプション検査として用意されていたり、単独での検査が可能になるもので、自覚症状を持たない人が、この検査を受けることで身体の奥に隠れている小さなガンを発見することが出来ると言われており、ガンの早期発見に役立てられているのです。

pet検査を受診する上で最低限知識として身に付けておきたいことは、ガンの早期発見が出来る事にあるのですが、ガンの早期発見が可能になるメカニズムというのは、ガン細胞の性質を理解することで明確になります。

がん細胞と言うのは、正常な細胞と比較をすると3倍から8倍ものブドウ糖を取り込む性質を持っているのです。
そのため、pet検査ではブドウ糖に近い成分を検査時に注入を行って、陽電子放射断層撮影装置でもあるPET装置を利用して撮影を行うのです。

撮影は全身をくまなく行い、ガン細胞が有る場所にはブドウ糖が多く集まることからも小さなガンでも発見することが出来ると言われているのです。