pet検査を受けた後の注意点

pet検査を受けた後の注意点

pet検査を受診する時にはFDGと呼ばれる薬剤を投与してから身体全体の撮影を行います。
検査を受けた後の注意点として、FDGにより放射能が発生しており、尿と一緒に排出されることになるため、トイレに行った後はいつもよりも手を洗うようにする必要があると言います。

また、女性の中でも妊婦さん、乳幼児を持つ人などの場合は、子供への接触は控えることが大切だと言われているのです。

pet検査を受診するために注入したFDGは、体外に排出されるのに、1日以上の時間が必要と言われており、放射能物質が完全に消えるまでの間はトイレの時の手洗いと子供への接触を控えるなどの注意点が有ります。

因みに、検査を受けた後は、pet検査で撮影した画像の解析が進められていく事になりますが、この時検査時に投与したFDGが十分に全身に行き渡っていなくて、撮影がきちんと行われていない場合が有る時などは、時間を調整した上で再度検査を行うケースも有ると言います。

pet検査前日のアルコールについて

pet検査は身体の奥に隠れている小さなガンを見つける事が出来る検査です。
陽電子放射断層撮影装置を使って検査を行うのが特徴で、検査を受ける時には微量となる放射線物質を含む薬を、注射器を使って注入をし、臓器内部の血流、代謝などを測定することで、小さな病変の早期発見に役立てられると言います。

通常の人間ドックの検査などと同じく、前日の夜のアルコールは厳禁であり、検査を受ける6時間前からは水だけを摂取する事になります。
また、食事は通常通り行っても良いのですが、検査の前に日の午後9時までに済ませるように指導を受ける事になります。

但し、検査が午後の場合などでは、空腹となる時間が長くなりますので、検査予約の6時間前までに軽めの朝食を摂り検査を受ける事になります。
アルコール類を控える事や激しい運動は控えるなど、検査前日の注意事項を守ることで正確な検査を受ける事が可能になり、ガンなどの早期発見に役立てる事が出来るのがpet検査なのです。